おいしくて健康にもいい理想的なお水とは?

スポンサーリンク

水は不思議な力のあるものだと思います。だから煮沸殺菌やろ過殺菌しなくても、雑菌のいない、新水いぶきを私は飲んでいます。

何も手を加えない方が、ミネラルや酸素を多く含むからです。

よい水を飲む方が健康にいいことはたいていわかっていますが、その基準が間違っている方は多いです。日本人は清潔好きで、無菌、除菌、成分にこだわって本質を間違っているのです。

テレビや雑誌の取り上げ方の影響も大きいと思いますが、素人意見も多いし、プロでも正しいとは限りません。プロは成分でのみ判断する傾向があります。原点に帰り、もっと自然を基準にシンプルに考えた方が大局を間違わないと思いませんか?

 

水道水は塩素その他の薬品が使われているから浄水器をつければいいだけでもありません。ウォーターサーバーをつければいい、でもありません。

殺菌処理をしていればいいわけでもありません。水に溶け込んでいるミネラルなどの成分が多ければいいわけでもありません。


いちいち化学的データーで決まるものでもありません。総合的に知っていてもいいこともありますが、基本は質が良くて自然に近い生きた水であることです。

しかし、多くの人は無菌、含まれているミネラルの成分や価格などにとらわれ過ぎです。雑菌がいていいわけではありませんが、無菌であればいいのでもありません。


人が除菌処理しなくても無菌でミネラルも含み、自然に近い水が人の命も育てるよい水なのです。だから飲み水を買うなら、ナチュラルミネラルウォーターであればいいのではなく、殺菌処理など一切の手を加えなくても無菌で、規定をクリアした場所と方法で詰めただけのナチュラルミネラルウォーターが健康にはいいのです。

 

そんな自然な水が一番で、加熱、ろ過、などいろいろな殺菌処理をした天然水は生水にある自然な良いものも失なわれているだけでなく、ろ過や殺菌処理によって薬品が含まれてしまいます。


水に関してはヨーロッパの考え方の方がよいと思います。何も手を加えてはいけないのです。しかし、日本は殺菌や除菌をしなければなりません。

何も手を加えなくて詰めるだけもOKな水は、水源や水を詰める工場の周辺のきびしい管理が必要なのでその条件を満たして商売にできるところが少ないのです。

 

新水いぶきは手を加えない生きた天然水!

日本の天然水は手を加えないつめただけの水って売られていまいのです。新水いぶきはウォーターサーバーでの取り扱いはありません。宅配でしか買えません。

 

 ウォーターサーバーで取り扱いのある中でなるべくよい水を選ぶ基準は、天然水で加熱処理しない、水です。ろ過はしていますのでいくらかの薬品は微量でも入ります。

出来れば自然の地層のろ過だけで雑菌のない質の良いお水が理想です。だから私は新水いぶきを宅配して飲みます。

 

せっかく水を飲むのなら、さ湯よりもミネラルも酸素も多く含んだままの”生きた水を飲まないのはもったいない!と思います。沸かした水は、お味噌汁やお茶、コーヒーなどで摂取するので、水は生きているおいしい水がいいです!

 

 

飲み水では、売られてはいなくても、湧水などでそのままでOKな水は全国あらゆるところにありますが、その水を使える人は周辺に住んでいる人にかぎられます。

ですので、そういう恵まれたところに住んでいる人以外は宅配で買うしかないわけです。または車で汲んでいいところに汲みにいくかですね。

 

基本的に近くに住宅や畑がある地域や家畜を飼っている地域、工場がある地域は水にも影響があります。肥料や農薬や家畜の糞尿が溶け込みますから。

 

川にも汚染水は流れますから、山の奥や湧水や地下水の方が自然ろ過されてきれいな水になります。日本は70%以上が山であるという恵まれた環境ですからもう少し水に関して正しい方向性で取り組んでほしいですね。

というわけで、宅配やコンビニで水を買う場合は、新水いぶきは最高の水です