イオン水や水素水にする意味は、たぶん、ない!と思う。

スポンサーリンク

イオン水も水素水も体にいい根拠がない!

イオン水を乳幼児が大量に飲むことで健康被害が出ているそうですが、大人の場合はある程度強いので出ていないのでしょうか?

わたしは大人もイオンは飲まなくていい、という選択です。いちいちなんでも化学データをとってから選ぶなんて無理です。

しかもその化学データが取れるまでに時間もかかるし、化学データどうりに体でも反応するとはかぎりません。

 

だから、わたしの選択肢は自然か?不自然か?と経験からの勘で決めます。人も自然の一部ですから出来るだけ自然に…が基本です。あとは自分の体で実験です。

特別なことはしません。イオン水、水素水、RO水などは飲みません。水は出来るだけ水源がよくて自然の地層がろ過をし、その周辺が汚染されてしないことが重要です。

そして出来るだけ汲みたてが酸素も多く含み体にもよいでしょう?

住む地域にもよりますが、出来る範囲でよい方法を選択しますが、化学装置には頼りたくないです。それより住む地域を変える方を出来る範囲で選択します。

 

自宅で使うろ過装置もどこまで信用できるかわからないので使いません。飲み水は手を加えていない質のよい天然水を宅配します。ほんとうによい薬品を使わないろ過器があったら使いたいですが。

イオン水も水素水もお金をかけて体に悪いことをしているかも知れません。普通に考えたら質の良い水を選び新鮮な状態で飲むことが自然な考え方です。

 

食べ物は、国産 旬 自然栽培が基準!

食べ物はなるべく質のよいものを選ぶほうに使いたいです。加工食品は無添加にするとか。高くても無農薬野菜を選ぶとか。化学データに頼らないで自分で考え、選べる力を持っていることが大切だと思います。

田舎で種から食べ物が育つのを見て、都会では消費者の立場で見て、自然食、有機農法、永田農法、自然農法(農薬も有機肥料も使わない)マクロビオテック、ベジタリアン、あらゆることを興味を持って学び、行きついたところはなるべく自然に!です。

 

すべて自然栽培で無添加はむずかしいので、主食であるお米や調味料から実践すればやりやすいです。

お米は玄米、胚芽米、分搗き米、白米とあり迷いますが、ナチュルハーモニーの顧問医の方が分搗き米がおすすめとのことなので私は5分から6分搗きくらいにしています。7分搗きって白米に近すぎるのです。玄米は賛否両論で考えた結果たまに食べるくらいです。

 

白米を胚芽米にしたり、6分搗きくらいにするだけで便秘にはなりません。だから白米でないほうがいいし、ごはん食べるだけで、他の栄養も繊維も取れるのはすごい便利なのでお米は分搗きがいいです。

たまに白米をいただくこともあるので。その時は雑穀と混ぜます。もち麦、きび、紫米がおいしくて好きです。

調味料は原料は国産、無添加、自然醸造が基本

調味料は、味噌と醤油、味醂は天然醸造の無添加にし、一度選んでおけば簡単ですし、経済的にも使う量が多くないので家計にもひびきません。

お米は家計には響きますが、お酒も飲まないし美食も好まないので唯一の贅沢です。

 

理想は、自然農法で、季節のものを食べ、加工食品は無添加、でなるべく素材から買ってお家で料理をすることです。だから食べ物は基本、国産であるべき!です。

高齢者の不安の一番は健康ですから、今から自分の健康は気をつけたいですね?