こだわり派大人女性には、ノンエイジ感覚の服がいい!

スポンサーリンク

50歳過ぎても、ノンエイジ感覚の服が好き!

自分の着るものはその時の自分が着たいものでいいと思いませんか?そう思い街でもネットでも探しまくっているうちに気付きました。

結局、どんなブランドでもいいのですが、ノンエイジ感覚の服がいいとわかったのです。
ノンエイジ感覚ですから着る人に寄り添ってくれます。無理した若い感じでもなく、妙に老けた高齢者の感じにもならないのです。だって服がノンエイジですから。

 

おしゃれな着こなしをしていた人が、50歳や60歳になったからといって、今までコムデギャルソンやズッカが大好きだったのに急にミセスブランドの定番風の服を着ても好きになれないし似合いません。

着ることは自己表現ですからテーストを急に変えられないです。精神性が急に変わっていないのですから。

 

ただ、仕事中心だった生活が仕事をやめてゆったりとお家で暮らし、趣味や遊びの生活中心になるとTPOが変わってくるので今までのキャリアウーマンとか流行の先端を走るような服もしっくりこなくなりますが。

 

そういう時はその時のTPOに合うものに変更することにはなりますが、根底に流れる自分らしさはあると思うのです。その時にブランドが変わったり、ブランドは同じでも選ぶものが変わるのはありますね?

 

わたしは仕事中心の時は、コムデギャルソンやスチェッソが多かったのですが、お仕事をやめてからはもっとゆったりしたくなって、エヴァムエヴァや群言堂、ミナペルホネンが好きになりました。この三つはかなり違います。

 

エヴァムエヴァと群言堂は一部似ているものもありますが、それはほんの一部です。群言堂はミセスタイプも多いのでわたしのほしいものもほんの一部です。

しかし、ここが大事で隅々までみると自分の大好きなものがいくつかあったりしますから、大雑把に見て過ぎ去れば見つけられません。

 

自分の好みがわかっているからこそネットでも探せる!

今は7つくらいのブランドでほしいものを探します。このほかにほぼ日や大橋歩さんのa.(エードット)からも買いますがここも好きなものはほんの一部です。

ブランド全体が好きでほとんどそこから買うということはまったくありません。中川政七商店からも買いますが、こちらも定番に近い普通過ぎるデザインも多くてほんの一部です。

 

そんな寄せ集めでも選りすぐって選ぶので、自分らしさになります。たまに手作りもします。ですがこの頃はオーダーもしたくなりました。

デパートのオーダーは庶民のわたしには高すぎるのです。ほぼ日やミナペルホネンまでで精一杯なのです。

しかし街のオーダーをされている個人の方はパターンもきれいで縫いもきれいでそんなに高くはないのです。

 

既成品のようにステッチの堅さが少なくてやさしい仕上がりが着やすくて体が楽ですが、デザインに関しては好きな形がはっきり言える、センスは持っていないとよいものは出来ないかも知れません。

とても才能のある、自分の感性とも合う人に出会えば別ですが。わたしも近くの街でお気に入りのオーダー屋さんに出会いたいものです。

 

それまでは手作りしたり、ネットで探します。自分の好みって決まっていますから、ネットで見るだけでもほぼ失敗しなくなりました。

あなたもたくさん見て見つけて見ませんか?