アレルギー性鼻炎に桶通茶(つうつう茶)を飲む。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎でだんだん年齢を重ねるごとに鼻づまりになってきました。それでこのお茶を試します。初めてなので送料無料の少ない量で試します。

 

 

つらいくしゃみ鼻水でお悩みの方、ホッと一息させてくれる漢方茶です。 驚くほど美味しいお茶

 

 と書かれているのでまずいことはないと思います。今までは、なたまめ茶を時折飲んでいました。味は普通においしいのですが、今度は別のを試して見たくなったのです。

 

長い時間をかけて、数年前よりは鼻づまりもいいのですが、なたまめ茶の効果なのかどうかわかりません。気付いたら口を開けて寝ていることがなくなったのです。

 

基本、体にいい食べ物を食べる方なので何が効いたのか実はよくわからないのです。

 

普通に生活していて、鼻がつまっているとは気がつかなくなったのですが、片方の鼻を指でふさいで息を吸って見るといくらかは詰まっている感じがするので完治はしていないと思うのです。

 

それでもこの桶通茶を試そうと思ったのは、母が入院していて、高齢者の方はたいてい口をあけて寝ているのを、まの当たりに見て高齢になったらたいてい鼻が悪い人が多いのを知って、ちゃんと治しておこうと思ったのです。

 

鼻がつまると、ガスの臭いなども感じにくなたったら危険ですからね。目も鼻も悪い人が多いのです。歯も、足も腰も悪い人が多いのです。

 

今できることはしておきたいし、耳が遠いのもかなり不便なのです。耳が遠いとだんだん会話しなくなることで、ますます認知症が身近になるようですから、ちゃんと聞こえる方が人も話してくれますから。

 

今は高齢の母が入院しているのは、長期療養型の病院ですが、4人部屋でしょっちゅう部屋が変わるので、その都度多くの入院患者さんと知り合うのですが、意外なほど水虫の人が多いのです。

看護師さんは、年取ったらこういう人多い、と言われるのを聞いてびっくりしたのです、片方の足だけという人も多いです。

 

それが、今まで見たこともないようなすごい爪になっているのです。1センチもあるかと思うくらい分厚く、爪切りが使えないのです。ニッパータイプの爪切りを使い、ナイロンのような手袋をして男性の看護師さんが順に爪を切ってあげていました。

それを見たら、歯も爪も気をつけておこうと思いました。

 

Ⅰcmも厚みがあるような爪って見たことありますか?この現実を見たら、恐いです。片方だけということは、治せたと思うんですね。だから気をつけて予防しましょう!