50歳からでもできるお金対策は?

スポンサーリンク

現代は家があってもお金はたくさん出ていきます。母の家も予期しない出費は大きいのです。最近の大きな出費は、コンロのIHで約100万、シロアリ駆除で30万、洗濯機の故障で買い換えで約、10万。

その他に、孫の結婚、ひ孫の誕生など、毎年数件。ほんとうにたくさん出て行きます。

しかし、わたしはこんなに出費はできません。田舎暮らしも賃貸暮らしもお金は以外にたくさん出て行きます。

 

ずっとパートでも働くことは収入面では大きい!

これってできそうでなかなかできません。働いている人に聞くと結構いじめがあるらしいのです。いじめたことのないわたしには考えられないことですが。

がまんするくらいなら、節約しても働かない方法を選びたい気持ちもわかりますね?

 

定期的な出費を節約すること!

節約ってできる人とできない人がいます。わたしは出来ません。なので一度したら済むことだけはしたいと思います。

スマホを格安SIMに換えること。

今8,000円ほどかかっていますが、LINE MOBILEにすると半分くらいになると思います。年間では.5,6万は節約できるでしょう。

楽天モバイルもいいと思います。こちらは出張サービスもありますよ。わたし、こっちにしてもいいかな?

こういうことは、スーパーのポイントなんて比較にならないお得ですよね?

 

でも、ネットで契約してすべてを自分でするのは難しいです。なんども公式サイトを見てゆっくりやればわかるでしょう。でも時間がないのです。

だから他の用事とセットにして、少し遠いけれど店舗まで行くつもりです。間違って契約するよりは、1日費やしてもその方が安心できます。

 

ムダな保険も見直しするべき、筆頭ですね?

 たとえば、ひとり暮らしで扶養家族などいなかったら、30万予備として病気になった時のためように備えがあったら医療保険はいらないそうです。健康保険も介護保険も入っていますからね。じゃ、ほとんどの人に医療保険はいらないってことですよね?

 

わたしは保険はいらないと思っていたけれど、医療保険だけはいるかな?と思っていたのに、末永健さんの保険の選び方を読んだら考え方が変わりました。

 

こういう本は読むのが面倒くさいしわかりにくいのですがが、末永さんは難しいことをかんたんに説明する、賢い人です。

今入っている保険の見直しにもなると思います。送料無料。

 

 

 

お金を増やす!

若い人は特に大事ですが、50歳過ぎてもできることはあります。

直販型長期投信だけは毎月自動積立しています。今日本で私が知っているのは10社程あります。

80歳過ぎていたら迷うでしょうね?有名なのでは、さわかみひふみなど。

 

お金は貯めるだけでなく増やさないと大してたまらないと思いますが、わたしは、宝くじ、FX、などは一切しません。ほぼ失敗で間違いないですから。

投資の誘いも乗りません。自分で調べて納得できることだけしかしません。

それで今までもうまくいったことは何度かありますが、失敗したことはありません。

 

経済に強くなくても常識的に考えるとかなりわかります。

経済を考えることに関しては、村上龍さんのカンプリア宮殿が好きです。

 

 参考になるのはそこにかかわる人です。オーナーの考え方などから探りますが、じょうずにウソをつく人もいるので心を澄まして考えます。

人の本音って以外と透けて見えるのです。いい人はだまされるということばは嫌いです。欲があるから、無知だからだまされると思います。

言うこととすることは正反対の人もいるので難しいです。

 

今日よりも明日が楽しい日でありたい!と思いつつ…