すっぴん美人へのスキンケアの経験と総まとめ

スポンサーリンク

f:id:cy03:20171212111256j:plain

 

美肌になるために、スキンケアの理想的な方法は?

女性はいつからスキンケアを始めるのでしょうか?昔は大学生くらいからだったと思いますが、オゾンが壊れて紫外線の悪影響が大きくなった現代では違いがあるでしょう。

そのためにまず、日焼け対策が必要になってきますね。後でシミにならないために。

次がメイクを始める頃からスキンケアも自然に始めると思うのですが、ニキビ治療やアトピー治療が必要な場合もあるでしょう。

健康な場合はどのくらいのスキンケアが理想なのでしょう?

 スキンケアしなかった母の肌チェックからわかったことは?

わたしの母の場合は、メイクもスキンケアも全くしない人で日焼け対策もしない人でした。肌は普通きれいめでした。農家なので畑仕事は毎日。

若いころは帽子もかぶらず畑に行き、のちには被っていましたが洗濯干しや近所を歩く時など気にしていませんでした。

わたしが見た目では、

  • タルミはすごく少ない。
  • シワ少ないほう。
  • シミは普通
  • 保湿も普通
  • 張りはいいほう。
  • 色つやは普通

どちらかというときれいでした。

母はずっとスキンケアは何もせず、90歳過ぎてからお風呂上がりに肌がつっぱるといってクリームをつけていました。

 

近所の高齢者も、日焼けはしてもシミもなくシワもなく保湿もあり、タルミだけが多い人がいました。後に日焼けをしなくなったらとても色白でした。

また、別の人はクリームは使っているそうですが、深いシワがいっぱいでした。タルミはなく、シミは普通、保湿はない感じでした。

 

田舎の高齢者の例から美肌を検証する!

スキンケアの重要性はわかりませんでしたが、わたしが感じたのは、

  • タルミや張りは生まれつきの体質が大きい気がする。
  • 保湿は体質と食べ物の影響が大きいと思う。
  • シミは日焼け対策をどれだけしたかと食べ物が大きい。
  • シワは体質、洗顔の仕方(熱い湯、擦る、食べ物)の影響が大きいと思った。
  • 色つやは体質も大きく、つまり体全体が健康であることが原因。

美肌への近道は意外!コスメよりも大切なことは?

すっぴんで健康的な美肌とは?

肌の美しさはタルミが少ない、張りがある。保湿がある、シワが少ない、シミがない。色つやがいい、ことだと思います。

そのためにできることは、

  • 保護する。⇒帽子などのUVケア、コスメでのスキンケア
  • 肌に悪いことをしない。⇒睡眠、食べ物の栄養バランス、洗い過ぎて皮脂を落とし過ぎ。マッサージや洗う時に擦り過ぎ。
  • 肌に悪いスキンケアをしない。⇒コスメの塗り重ね過ぎ

積極的にする肌を美しくする方法は食べ物と睡眠

  • 栄養バランスよく食べること。
  • ネバネバ食品を多く食べる⇒山芋、納豆、オクラ
  • ビタミンCを摂る。⇒トマト、ブロッコリー、じゃがいも、
  • 便秘にならないこと。⇒繊維質の多いもの、発酵食品。
  • 砂糖、揚げものを控える。
  • 新鮮なお魚やよいオイルは必要。
  • コーラ、清涼飲料水、砂糖入りのコーヒーや紅茶、ジュースはたくさん砂糖が入っているので飲まない。
  • 体が冷える飲み物は多く摂らない。

コスメの美肌への役目は保護

  • UVカット
  • 場合により、洗顔後のクリームやオイルを含んだ化粧水。⇒肌質や年齢ににより必要で、出来る限り何もしない。

肌は排泄器官なので栄養は吸収しないから、保護目的以外のコスメのスキンケアは要らないと知れば、おのずと必要なものがわかりますね?

コスメはシンプルケアが大事です。

日常の手入れでやってはいけない!を守るのが美肌への秘訣

  • 熱いお湯で洗顔
  • 洗う時に擦る
  • 間違ったマッサージでこする⇒マッサージ時のクリームが少ない。マッサージの方法が間違っている。マッサージは毛穴からオイルを吸収してしまうので質のよいオイルであることも大事だと思います。
  • メイク落としのクレンジングはキツイので薄化粧なら石鹸のW洗顔で落ちる。
  • UVもきついので帽子、サングラス、日傘を優先する。
  • 肌にキツイのはUVとクレンジングなので+-を考えて使う。

美容整形には頼らない

女優さんや歌手の方で美容整形で皮下注射などしてシワを取り、一見、シワがないですが肌が傷んで弱い肌になって劣化しているのがテレビ画面でもわかる方がおられますが決して美しくはなっていません。

正しいマッサージなどのエステは効果はあると思いますが、気軽にヒアルロン注射など美容整形は頼らない。

まとめ

美肌はバランスいい食べ物と睡眠を十分とり、顔は洗顔でこすらず、皮脂を落とし過ぎない洗顔をし必要最低限の保護を時に応じて行い、便秘にならないように適度の運動をすることだと思います。肌の色艶の基本は他の臓器の健康があってだと思います。

つまり美しい肌は日常生活の中にあり、特別スキンケアにお金をかけなくても、美肌になれるのです!