冷え症と食べ物と血糖値の関係は基本を知るとわかりやすい!

あなたの体は生まれ持った体質と食べた物でできている!

体は親から受け継いだ体質と生まれてから食べた物でできています。だから、何をどのように食べるかは重要です。

食べ物には体を冷やすものと温めるもの、中間のものがあります。この陰陽をバランスよく食べることがいいのです。

いつも考える必要はありませんが一応知っておくと選択肢の目安のなります。

食べ物には陰と陽、中庸がある!

個々によって例外はありますが、基本はおおまかに以下のようになります。

土の下に出来るものは体を温める。⇒根や芋など。
土の上にできるものは体を冷やす。⇒茎や葉物野菜、果物。

発酵食品は体を温める。⇒紅茶、みそ汁、甘酒。

 

黒いものは温める、白いものは冷やす。⇒玄米より白米の方が体を冷やします。

黒砂糖よりも白砂糖はもっと冷やします。

濃い色の食べ物は温める。⇒トマトは赤くても冷やす。
暖かい地方にできるものは冷やす、寒い地方にできるものは温める。

 

体を冷やすもの、温めるもの、中間のものがありバランスよく食べるのがいいのですが、冷え症の人は温めるものを多くしましょう。

また、冷やすものを多く食べていた結果、冷え性になったのかも知れません。

一番大事な基本は、住んでいる土地の旬のものを食べること!

常食する飲み物の陰陽を知っておきましょう!

体を温める飲み物。

f:id:cy03:20171006084958j:plain

ほうじ茶

紅茶

赤ワイン

日本酒

※和食の食後のお茶はほうじ茶がいいですね?それに食後のお茶は緑茶よりほうじ茶の方が合うと思いませんか?わたしの見る限りでは、番茶と呼ばれるタイプの緑茶を飲んでいる人が多いと思います。

体を冷やす飲み物。

緑茶

f:id:cy03:20171006084544j:plain

コーヒー

ビール

ジュースや清涼飲料水。

牛乳

豆乳

白ワイン

同じ食材でも飲み方で冷えレベルは多少加減できる。

コーヒーもアイスとホットでは冷えのレベルが少しは変わりますね?

冷え素材であることは変わらなくても冷えレベルは少し変えられます。

水は室温にしばらく置いてから飲む。
果物は食べる時は朝か昼にし、適度な量を食べる。

同じ食材でも加工で陰陽が変わる!

大根を干してたくあん漬けにする。

果物を干してドライフルーツにする。

 

白砂糖は体への害が大きいので、煮物に砂糖を使うのはなるべく控え、使う時は、
酒、味醂やオリゴ糖を多く含むてんさい糖にする。オリゴ糖は腸の善玉菌を増やすから。

料理本やテレビの料理番組の白砂糖の量には驚きます!

わたしも甘辛煮は好きですが、あんなに使わなくても、酒、味醂、少量のオリゴ糖で十分甘くおいしく出来ます。

原液のままの甘酒も砂糖の代わりになります。ノンアルコールの米麹でつくった甘酒であることが基本砂糖入りの甘酒では無意味。

体を冷やす食べ物や食べ方は気をつける!

陰陽バランスよく食べるのがいいのですが、現代人は意識しないと冷やす食べ物や冷やす食べ方が多くなりがちだからです。

炎天下で仕事する人でなければ、冷たいものはなるべく控えましょう。
元女優の吉川十和子さんは、冷たいものは食べない、と言われていました。

多くの病気が冷えが原因で、冷え過ぎの最終が死ですから。

和食の砂糖の使い過ぎにご注意! 

和食は健康にいいと言われ、世界中で人気ですが、お砂糖の使い過ぎはよくないと思います。

もともと、和食は砂糖は使わなかったと言われています。和食の料理に砂糖を使うようになったのは、明治以降だそうです。

 

洋食は料理には砂糖は全く使いません。
最後にデザートとしてスイーツを食べるのは理にかなっていると思います。

最後に甘いものを食べるのは、血糖値がゆっくり上がるし、
もう空腹感は満足しているので少量で済みます。

 

血糖値がゆっくり上がってゆっくり下がる食べ方が健康の基本。

f:id:cy03:20171006085023j:plain

葉物野菜、根菜類、タンパク質を先に食べ、脂肪や炭水化物はあとでたべるのが血糖値はゆっくり上がるし、ジュースよりは果物のまま食べる方が血糖値はゆっくりあがります。

糖質は単独で食べるより、食後に続いて食べる方が血糖値はゆっくり上がるのです。

 

和食も懐石料理では、最後にごはんとお味噌汁と漬物で終わるのは、理にかなっていると思います。

つまり、和食も洋食も、昔からある様式は、血糖値がゆっくり上がる食べ方で、健康にいい食べ方だったのです。

どちらもダイエットにもなる食べ方です。