すっぴん美人になる、いい洗顔石鹸とは?

スポンサーリンク

f:id:cy03:20170929080052j:plain

肌に最もダメージの少ない洗顔石鹸の基本を整理したいと思います。石鹸に関してすべてを書くと膨大になるし、難しくなるのでここでは簡単に書きます。

専門家の見解もわかれるので、最後は全部知った上で自分はどれが納得出来るか?どれが自分に合うか?になります。

 まず、洗顔料にはなぜ石鹸がいいのか?

洗うものはわかりやすく言うと、石鹸か?洗剤か?であり、

石鹸は原料が石鹸素地で天然の界面活性剤で肌にやさしい。

洗剤は石油から作られる合成界面活性剤で肌にきつい。

洗顔フォームは天然の界面活性剤と合成界面活性剤のの両方のタイプがある。

洗顔クリームは合成界面活性剤使用が基本、洗い足りない感じが残る。

 

無添加石鹸とは「アレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」と定義されている旧指定成分が入っていない石鹸を指し、化学物質が完全無添加ではない。

完全無添加石鹸が理想というわけでもないけれど、無添加石鹸の中にも旧指定成分以外のデメリットのある物質が含まれている場合もある。(エチドロン酸など)

 と、ややこしくまず、よさそうな石鹸を見つけたら成分を見てチェックするしかありません。

いい洗顔料の基本ポイントは、

  • 液体石鹸がいい。
  • よい植物油を使用している。
  • できるだけ化学薬品を使用していない。

液体石鹸は苛性ソーダを使っていなくて、苛性カリを使用しているので、苛性ソーダという海の塩から作るため肌に残るナトリウムイオンによって紫外線を吸収しやすくなり、肌黒の原因になることを防げる。

 

苛性ソーダと苛性カリを比べて、メリット、デメリットの検討し少ない方を選んだということで苛性カリが最高という意味ではない。

洗顔フォームは合成界面活性剤を使用していることが多いので、調べる必要がある。

 

原料の油が牛脂の場合は肌に残りやすく、何十回もぬるま湯ゆすぎが必要でこれがシワの遠因になる。

無添加といっても化学物質がゼロではないので成分表でチェックが必要なのでできるだけ化学物質の成分が少ないものがいい。

成分では判断できない物質もあるので注意!

f:id:cy03:20170929080820j:plain

例えば、ステアリン酸は牛脂の場合もあるし、天然由来のステアリン酸もある。

石鹸に牛脂と表記してある場合は、その石鹸の脂は牛脂である。

自分で調べてわからない場合はメーカーに問い合わせるといいです。

 

石鹸に含まれる油脂は植物系の方が動物系よりはいいのですが、植物系の相性は個人差も大きいので、自分に合うものを選ぶことが大切でこれは試すしかない。

無添加オーガニック洗顔石鹸はすべての人によいのではありません。

漆にかぶれる人もかぶれない人もいるのと同じです

一週間はOKでも一カ月続くとカユミやカブレになる場合もあります。その時は他に変えること。

石油系や牛脂はデメリットはあるのですが、どの人にも一定のデメリットで安定しているのです。(よいという意味ではないのですが、)

 

よい洗顔石鹸を探したら追加ご紹介します。

こちらも参照⇒固形洗顔石鹸