家庭の料理はよい素材でシンプルな料理が好き ♪

スポンサーリンク

わたしはおいしいものが好きですが、すごい人気のレストランにあまり魅力は感じません。しかし、街の食べ物屋さんでありえないくらいまずいとムカつきます。

普通の食材で普通に作ったらそれほどおいしくはなくても、まずくもならないのが普通でしょう。お腹が空いて食べれば普通か、普通においしいくらいにはなると思うのです。

わたしはナチュラルにこだわるので、旬のもの、普通に栽培されたものがいいです。理想は自然栽培で、肥料も消毒なしがいいですが少ないです。

だからできる範囲で、自然にこだわっています。

調味料は、自然発酵、醸造、無添加にこだわる!

これは一度決めれば簡単だしお値段は高めでも特別家計に響くほどではありませんから。味噌、醤油、味醂、酢、塩、ポン酢、砂糖は質にこだわります。

味噌も醤油もスーパーには種類がたくさんあって、その中に2~3は自然醸造で無添加のものはあります。

油は基本を太白胡麻油にしています。和食に合うし生搾りなので酸化していないから。

菜種油も質の良いものは使います。絞ったものです。多くは薬を使った作り方なので。

よいといわれる、シソ油や亜麻仁油などは匂もあり使いにくいです。

毎日使うものなので決めておくと便利だし、添加物もちりもつもれば山ですからできるかぎり少なくしておきたいし、おいしいですから。

防腐剤なども腸環境にはよくないらしいですし、食べものではないのですから当然だと思いますから避けておきたいのです。

 

次に主食の米、雑穀にはこだわりたい!

f:id:cy03:20170803114837j:plain

普通のお米より有機栽培は割高ですが、無肥料、無農薬の自然栽培のお米は、2倍から3倍の価格です。これは家計に少し響きますが主食なのでこだわります。

わたしはお酒もお肉も刺身も食べませんので、お米が3倍の価格でもいいかな?と納得しています。病気になりたくないので、結果的には高くはなっていないと思うのです。

基本、5分搗き米です。白米の時は雑穀を混ぜます。好きなのは紫米と、もち丸麦、きびです。分搗き米や雑穀は便秘にはなりません。

 

葉野菜や根菜は月一回、自然栽培から宅配

ほんとうは全部にしたいですが面倒なのと高すぎるからです。

自然栽培って人参も玉ねぎもジャガイモも小さめでおいしいです。

大根やカブはあまりわかりません。葉モノ野菜もあまりわかりません。

 

加工食品こそ無添加にこだわりたい!

お家で原料の、お魚や野菜を買って料理すれば調理段階の添加物は避けられますが、加工されて売っている、お漬物、煮豆、佃煮、お惣菜などのすべてに、防腐剤、着色料、味付けの旨み調味料、混ぜるための何か、など添加物が使われています。

添加物は微量で厚生省が許可されたものですが、体には悪いものです。ヨーロッパで禁止されいる、トランス脂肪酸は日本では許可されています。

トランス脂肪酸は、袋入りのお菓子で油脂を含む場合はほぼどのお菓子にも使われています。ショートニング、マーガリンが表記されていればトランス脂肪酸は入っています。

f:id:cy03:20170803115031j:plain

この加工食品の無添加は少ないので無添加にこだわっているところから取り寄せたりしますが、かなり高いです。

梅干し、昆布の佃煮、ジャムなど。

梅干しとらっきょうはお家でつくると無添加にできますね。

 

主食や調味料、保存食は無添加にこだわり、加工食品はなるべく使わず、材料から調理することを心がけ、加工食品を使う時は無添加を取り寄せるようにしていればかなり添加物は減らせていると思います。

添加物は食べ物でないし、毒ですから。減らす工夫はしたいです。ほんのわずかなら肝臓で解毒されるのですが、現代人の食事は多すぎて処理しきれないのが実態なのです。