お金は、節約、貯める、増やす、そして有意義に使って楽しむ!

スポンサーリンク

高度成長期を過ぎた日本では貯めてもなかなか増えません。細かい節約もだれでもはできません。面倒くさいですから。

めんどうくさがりやでもできる、節約は?

ですがたまには見直して大きな出費をカットはめんどくさがりやでもできます。

保険を見直すとか、スマホを楽天モバイルやYモバイルなどの格安SIMに変えることは一度ですむから。変更で年間で6万円は節約できると思います。

f:id:cy03:20170828123429j:plain

貯めるはなかなかできないので一定額を積み立てにするとかでないとなかなかできません。増やすのも、FXや株のデイトレなどは特別な才能のある人でないと難しいでしょう。

若い人、働き盛りの人には、長期投信がおすすめ!

ですが、長期投資ファンドの直販型はやっていた方がいいかな?と思います。

今日本には10数社の会社があり、いちばん規模の大きいのがさわかみ投信です。カンプリア宮殿でも、ひふみ投信が成果を上げていると紹介されていました。

 

直販型にする理由は、ふつうに証券会社で投信ファンドに入って自分は長期投資しようと思っていても解約する人が多いと、そのファンドはなくなるので自分も解約せざるを得ないのです。

直販型の長期投信ファンドは長期しかやっていないのでずっと続けられるからです。

元本の保証はありませんが、若い人ほどしておいて損はないのでは?と思います。寄付したつもりで忘れておけばいいと思うのです。長期ではマイナスの可能性はかなりないと思います。

 

それぞれ考え方は違うので納得できるところを2社くらいしておいて経過を観察しながらときどき追加したりしてもいいし、考えていると少しづつ学べてもきますし。

わたしは16年続けていますが定期貯金よりは断然増えています。たいてい毎月1万からぐらいが多いと思いますが、5000円からのところもあります。

 

 長く続けて置き、おろして使いたくなったら上がっている時に一部解約して使います。下がっている時は解約したら損になるのでおろしません。

基本は株価が安い時に買い、高い時に売るのですが、面倒ですしリスク回避のために毎月一定額を自動で入金する方法にしておきます。

時間や余分なお金があったら、株価が安い時には単発入金をその都度追加で入れてもいいのです。

直販型長期投信を知らない人が多いのは残念!

f:id:cy03:20170828123419j:plain

 株をするには小金では出来ませんし、知識や才能も必要ですが、長期投信はプロにおまかせします。だから考え方の合う会社を選ぶだけです。

 

直販型長期投信で検索して見てください。割と仕組みはわかりやすいと思いますのでネットや書物で理解はできると思います。

節約と貯めるだけではなかなか増えませんから、増やすは大事だと思います。土地売買やアパート経営などはリスクが高過ぎで知識や才能のある人しか向かないと思いますが直販型長期投信はそうでもないです。

 

節約も貯めるも増やすも使うため、老後働けなくなっても生きていくためで、財産を築くのが目的ではありません。一定のお金は必要で、たいていのことはお金で解決できるのも事実ですから。

 

心身の健康が第一で次に必要なのは一定額のお金だと思います。80歳過ぎていたら長期投資もいらないかな?と思いますがそれまでは増やす方法は持っておきたいですね?

 

わたしの直販型長期投資についての考え

わたしがはじめて長期投資をはじめたのは失業中でした。たいてい投資なんか始めるべきでない、余ったお金で投資ははじめるもの、と言われます。

わたしは経済のことを普段は考えていませんでした。しかしいろいろな儲け話に乗ってだまされことも損したこともありません。

ふっと考えて少し調べ決断したことはみんな良い結果になりました。

 

一株の値段ってどうやって決まるの?自動車なら高くて、ティッシュペーパー作っている会社なら安いの?と思うほど何も知らなかったけれど、損をしたことはないのです。

何をするか?どこを買うか?人に相談したこともありません。理由は自分でこれをしたいときっぱり迷わず決まるからです。

はじめて長期投資をしたのはさわかみ投信

失業中はお金が減っていくばかりで気持ちが不安でした。すべてがマイナスに向かうのがいやで何かプラスになることがしたかったのです。

それで1万円づつ銀行の通帳から引き落としでさわかみ投信を始めました。

わからないけれど5年先10年先に向かってお金を増やすことを始めているのかも?と思うことで希望が持てたのです。こころの安定剤として始めました。

 

万一これが増えなくて損しても毎月1万円ムダ使いしたと思えばいい、働かず1カ月20万づつ使うところが21万づつ使ったことになるだけ、と思ったのです。

結果からいうと正解でした。良く覚えてはいないのですが始めたころは良くなくて5年くらいあまり利益は出ず、マイナスの時期もありました。

でもおろさないので問題なしです。

直販型長期投資ファンドにした理由は?

澤上社長の考え方と人相で決めました。

この考え方、いい!だから参加する!となったのです。すぐに電話して申し込み資料を送ってもらい提出しました。

日本ではじめての直販型長期投資の会社は、さわかみしかなかったので選べる余地もなかったのですが、今は10社以上あるので選べます。

今は実績もみることができます。個人的にわたしがしたいのは、さわかみはしているので、次はセゾン、ひふみなどしたいと思っています。

はじめてで迷う方は、5000円からできる、セゾン投信がオススメです。

16年ほど長期投資を続けて学んだことは?

  • 自動引き落としで定額を決めておくのがいいです。
  • 今余裕があるからと.50万とか100万とかまとめて買わない。
  • 長く続け、配当を分配せず、複利だから増える。

買うのは安い時に多く買い、引き出す時は高い時がいいのですが、この判断は出来る時も難しい時もあります。だからしません。

高い時に100万買い、すぐに下がったら長くマイナスが続きます。だから毎月決まった額を自動引き落としがいいのです。

なのでこの買い方によって、残高が同じでも評価価格は人によって違います。

ネットで投資の質問をし、回答を読んでみると、

質問は証券会社で買う投資ファンド、直販型長期投資、株購入などいろいろですが、質問も回答も、うん?と思うことが多いです。

個人で買う株こそ余裕資金で始めるべきだし、まとまったお金がないとすべきではないし、素人がすべきことではないと思います。

こういう判断は別に大学で経済を学ばなくてもわかることだと思います。

 

正しく理解出来ない場合は、始めても損する時に解約したりするのでやめておいた方がいい場合もあります。