ねこもめんが気になる、ホンマでっか?的なこと。

スポンサーリンク

f:id:cy03:20171117114215j:plain

美容と健康に関しては参考程度で自分で考える!ことが大切だと思います。学び知識を得て自分でも考え体験し結果をみる、しかないです。

 

世の中には正しいこと、間違っていることの両方がいっぱいあります。なかでも健康と美容に関しては間違いだらけです。

結局、真実を見抜く選択眼と養い直感を磨くしかないですね。

医師だから栄養士だからといっても意見は相反することだらけですから、鵜呑みにはできません。知って考えて自分で判断するしかありません。

しかし、この選択眼も勘も、今まで培ってきた学びと経験からくる部分も大きいです。ひらめきも努力の積み重ねがあってこそひらめくのですから。

 

ただ、生まれもった資質もあるのか、私の母もわたしも小さい時からやたら体内基準があるのです。なので何か買う時も決める時もあまり比較や人に相談しません。

モノやコトを見て、この感覚、いい!好き!ピンとくる!必要?この値段?で決まるのです。

 

母は片田舎で狭い世界で生きていました。しかし迷わないし、家電に関しても、服に関してもファッションがプロのわたしの考えととてもよく似ていました。

90歳過ぎても、『ジーンズはいいモノだと思う、どこでも行ける』『Tシャツはいい、でも自分は似合わないから着ない、』など。

 

90歳の母に家族が手持ちの生地で作ったブラウスを見て、言った言葉も満点でした。白地に、くすんだサーモンピンクとくすんだサックスと黒の水玉プリントでした。

『地が白すぎる、黒の玉が要らない、』といったのです。わたしも同じことを考えていました。高齢者に白はきれいすぎで少し浮きます。黒い水玉は少しシミもある顔色をきれいに見せません。やわらかい落ちついた明るめの色が肌をきれいに見せます。

 

ちなみに着る好みの感覚は母と私は全く似ていません。母は普通のシンプルなデザインで色は寒色系のみ。可愛い服とかはあり得ないのです。

わたしは寒色も暖食も着るし、テーストも可愛いからアバンギャルドまで着ます。

 

健康関係で信じられそう、と思うもの

顔の脱毛すると歯が弱くなるんだよね

これはタモリさんがおっしゃっていました。

男性で毎日のひげそりが面倒で脱毛される人がいますが、しない方がいいと思います。たまにどうしようもなく生え方がダサい場合もあり、それがいやで脱毛する人もいますが、歯が弱くなることと引き換えにはできないと思います。

 

毛を一本づつ引き抜くって不自然だから良くなくて当たり前と思いませんか?ダメージがあっても自分でこれが原因だと認識できないことってたくさんありますよね?

女性のワキ毛くらいはプラスマイナスで考えて、あり得る選択だとは思いますが。

人は自分の体温より高い動物の肉は栄養を取りこめない

体温の高い順は、鶏や鳥>牛>人>豚>魚 だそうです。ということは、鳥類や牛肉は良くないということになります。お魚がいちばんいいわけです。

肉なら豚肉がいいということになりますね?なので、牛を冷しゃぶで食べるのなんか最悪の食べ方だそう。

お魚と植物系だけで何の問題もないと思います。肉だけが筋肉になるわけではありません。牛は草と穀物など植物系しか食べませんが筋肉があります。

牛乳は子牛のモノだから人には要らないもの

f:id:cy03:20171117174100j:plain

赤ちゃんにとっては、母乳が出ない場合は代わりにはなっても母乳が一番だし、お米をミルクっぽくはできるし、野菜スープも種類を選べば代要できるでしょう。

しかし人間の大人には必要ないでしょう。また、人の体は牛乳のカルシウムはうまく吸収できないといわれます。

 

学校給食で和食と牛乳が合わないけれど、他の素材で同じカルシウムを取ろうとすると価格が上がるので牛乳をつけるかどうかで大もめの議論になっていたのは滑稽過ぎます。

苦肉の策でごはんとは合わないから牛乳だけお昼ではなくおやつの時間に配るという解決策?を見つけた学校もありました。無意味な努力だと思います。

 

母が入院していた病院でも朝ご飯が、ごはん+あんぱん+みそ汁の日がありました。この組み合わせあり得ないと思いませんか?

栄養士さんは机上のカロリーと栄養バランスだけを考え過ぎています。基本は生命力のある新鮮な食材で命を育てるものであるべきだと思います。その上で相性のいい食べ物を合わせ栄養バランスも考えることのはず。

 玄米はミネラル不足と短命につながる!

玄米は栄養価は高く、多くのミネラルを含むけれど、人が持っているミネラルも根こそぎ排出してしまうし、短命につながる。

 わたしは、8分搗き白米、きび、黒米、炒り大豆、などの雑穀米にしたり、お米だけの日もあったり、外食で玄米を食べたりいろいろしています。

8分搗きって白米に近いです。玄米最高とは思わなくなりました。

これが一番、というのはわかりませんが白米だけよりもいろいろな栄養も主食でも摂りたいし、リスクもメリットも分散しておく意味でいろいろ食べています。どれも好きなので。

ヨーグルトを常飲している人で腸がきれいな人みたことない

医師でもある新谷弘実博士のことばです。”病気にならない生き方”の著者です。

ヨーグルトは便秘が治るというより、軽い下痢になっているそう。発酵食品の良さもあるから牛乳よりはいいと思いますが。

わたしが食べるのは、チーズ、コーヒーのフレッシュだけです。

牛乳を常食するとカルシウム不足になるとも言われます。牛乳のカルシウムは体にうまく取り込めないのです。

自然塩のニガリは体の臓器を硬くする

自然塩のニガリはタンパク質を固める作用があるから、体の臓器を硬くする⇒浅井敏雄

理論としてとても納得できますが、塩は体にも重要なものなので普通に使う量でそこに含まれる程度のニガリは大丈夫ではないかと思います。食物は益と害の両方があるものですから。

豆腐は固めたあとなので食べてもニガリの害はないとのこと。

 ニガリをごはんを炊く時入れて炊くとミネラルが摂れます、というお米やさんのサイトを見かけますが、これはおかしい思います。

 

 

美容関係で信じられそう、と思うこと

 石鹸素地が牛脂の石鹸は、乾燥、シミ、シワの原因になる

固形石鹸の牛脂は落ちにくいので皮膚の毛穴をふさぎ乾燥肌の原因になる。理由は天然の脂を出そうとする働きを止めるから。

しっかり牛脂をおとそうとするとお湯で50回くらいゆすがないと落ちないのでこれが肌をよれさせシミやシワにつながる。

つまり石鹸素地は油脂ですが、牛脂ではない植物油の方がいいのです。

 固形石鹸の苛性ソーダは日に当たると肌黒になる。

苛性ソーダの影響で日にあたると将来的には肌が黒くなる。だから液体の苛性カリ石鹸のほうがいい。⇒浅井敏雄博士

液体石鹸は種類が少ないし、固形石鹸でいい石鹸もあるので、あまり陽に当たらない人は固形石鹸でもいいと思いますが、陽にあたることが多い人は液体石鹸を選ぶのがいいのではと思います。

肌は排泄器官だから肌から栄養は吸収しない

特に夜は何も塗っていない方がいい、皮膚内部の汚れを排出するからクリームやオイルでフタをしていない状態がいいのです。

朝はメイクやUVカットのために保護目的で必要なものもある。しかし、帽子、サングラス、日傘などのUV加工が基本。

 

年齢や乾燥肌、季節によっては保護目的の化粧水やクリームが必要な場合はある。

つまり保護目的でのスキンケアは必要な場合もありますが、栄養を与える意味では効果はない、ということ。

若い時や脂性肌、男性などは、栄養面でも保護目的での不必要なことは多いです。

ハンドクリームは保護目的で肌荒れ防止の効果は大きいです。

シャンプーやリンスでの頭皮や髪へのダメージは多い。

使われるシャンプーやリンスの化学物質で、髪が細くなったり、抜け毛が多くなったり、禿げたりもする。太陽の下の帽子なしも頭皮や髪にダメージを与える。

熱いお湯、洗い過ぎも頭皮が乾燥するので、フケやカユミの原因になる。

特に冬になるとフケで悩む人は多いと思いますが、ぬるま湯でシャンプーするとフケは出なくなります。フケは頭皮の乾燥が原因です。

 

番外編でわたしが気になること

鳥のささみだけ食べてトレーニングするジムを見かけますが、良くない気がします。肉を食べたら筋肉になる?牛は草を食べても筋肉がありますよね?

糖質制限ダイエット

糖尿病患者や糖質オーバーで肥満なら減らすのは当然だと思いますが、全部カットはあり得ないと思います。

カットして数値がよくなったと喜んでいる人がいますが、長期的には疑問です。ライザップ式でも3カ月で痩せたりしないでもっと時間をかけて痩せればいいのでは?と思います。

”世にも美しいダイエット”の宮本美智子さんも早死にしました。作家の桐山秀樹さんも急死されました。どちらも糖質制限ダイエットでした。 

よい油は必要不可欠で悪い油脂は大敵!

徹底して油や脂カットの鈴木その子さんも70歳で死亡されました。良い油は髪や肌のうるおい、つや、便秘予防にも不可欠です。

現代の加工食品は悪い油だらけですがよい油は必要です。

 お惣菜の揚げものは買わない 

スーパーのコロッケ食べて軽いさらっとしたおいしいさがあったことありますか?揚げものは家で良い油であげてすぐ食べるのがおすすめ。

スーパーでの揚げ油はシュートニングを使っている場合もあります。作り方に化学物質が使われていますし、ヨーロッパでは禁止されている、トランス脂肪酸があります。

 

太白胡麻油、質の良いなたね油はいいです。どちらもおいしくてやや高いですが納得できる値段です。いいオリーブ油は価格が高過ぎるので、ドレッシングやパンにつけるなどがおすすめ。

揚げ菓子も買わない方がいい!

揚げ菓子は、熱した油は時間が経つと酸化しますし、原料の油もよくないし、ダブルの害があります。

お菓子を買う時は、ショートニングを使っていない、脂や油で揚げていない、添加物を極力使っていないものから選びましょう。

 健康サプリメントは要らない

食材の原料から質を改善すればいい。新鮮でない物、工場で作られる肉や野菜を買い、添加物だらけのものをいっぱい食べて添加物だらけのサプリメント飲んでも意味がないです。

野菜工場で電気の明るさや水や肥料を加減し、つくられる野菜を天候に影響されることなく、安定して供給できる、ということをテレビで見ても疑問持たない人不思議です。

ウォーターサーバーでRO水を売っているのが不可解。

家庭で使う水としてRO水が必要なことはあり得ません。だから提供する側はくわしい説明が必要だと思います。RO水は何もない純水です。無意味な水です。

水は生きているし、ミネラルも含み菌がないのがいい水であって、何もない蒸留水みたいな水は水分以外何もない水です。

おまとめサイトで、RO水には別のおいしさがあります、とか書いてあるのを見た時は唖然としました。

RO水についてはこちらも参考⇒RO水

 まとめ

ものさしは、それは自然か?です。例外もあります。動物にも植物にも薬と毒があるように。

消費者が自分で考え選ぶだけで少しづつ世の中は修正されながら進むと思います。時間が経たないと結果がわからないこともありますが、ある程度は自然に考えれば想像はつくと思いませんか?

消費者みんなが考えて選ぶクセをつけたら商品もよくなるので賢い消費者であることは自分のため、みんなのためですよね?