林先生がおもしろい!

テレビをつけたら林先生が芸能人の悩み解決をしていました。それがいい解決法でおもしろいのです。

お笑い芸人さんの女性で、結婚したら旦那さんと味覚が合わない、自分は薄味で旦那さんは濃い味とのこと。

林先生の答えは、『出汁をとれ!』でした。

出汁をちゃんととれば薄味でもおいしいから慣れて行くという答え。

これはとてもいい回答だと思いました。おいしくて健康にもいいからです。将来の糖尿病予防にもなるかも?ですし。

おいしいし家族みんなの健康にもいいしこういう三方みんながいい解決法が好きです。

 

また、林先生は2歳の自分の子供が新聞を見ていることがあるので、そのまま読んであげるそうです。おもしろいです。

噛み砕いてこどもにわかるように説明したりはしないそうです。全部わからなくていいし、わかる時がきたらわかる、でいいと。

 

わたしも本が大好きで小学生の時中学生の本を読むとわからないことがたくさんありましたがあとで、こういうことか?と思うことがよくありました。

 

おひめさまとエンドウ豆を読んだ時も、姫であると名乗り泊めてもらったお城で、そこの女王さまが何十枚もしいいた布団の下にエンドウ豆を一個しいておき、翌朝『よくお休みになられましかた?』とたずね、姫がごろごろして眠れなかったと言ったことで、確かにこの人は姫であると確認した、という話。

この童話の意味が小さい時、わかりませんでした。心が美しければいいという、お話が多かったからです。

育ちや生まれも大事なこと、結婚などは家柄が似ていることも大切なことだとわかる大人になって、このエンドウ豆のお話もわかったのです。

 

林先生のお子さんがどんな大人になるか楽しみです。きっとすごい頭のいい大人になられると思います。